嬉しい長期保存可能

公開日時 作成者 managewpadmin

保存が利くから手間が省ける
作り置きレシピというのは味が濃い、汁気が少ないといったものが基本になってきますが、これらの料理というのは保存が利くためものによっては一週間持たせることも可能です。料理の度に毎回調理を行うとなれば同じ段取りをその都度行う必要がありますが、一度に大量に調理、それを保存しておけば毎回の料理にかかる手間をぐっと省けます。特に味のしみこみが決め手となるような料理は、作り置きをしておくと毎回の手間が省けるだけでは無くより美味しい仕上がりで食事を楽しむことができます。漬物などはこの良い例ですから、箸休めとしてまとめて作ってストックをしておくと毎回の食卓で大活躍してくれるでしょう。

冷凍保存を利用すればより長期間の保存が可能
作り置きを行う上では冷蔵での保存が基本ですが、ものによっては冷凍保存を行うこともでき、これを活用すればより長期的な保存が可能になります。例えばハンバーグなどは作るのに大変な手間がかかりますが、これは食べ切れない分をラップでくるみジッパーなどにまとめておけばその都度取り出し加熱すれば簡単に食べることができます。焼いたのち熱を冷ましてからでもタネの状態のままでも冷凍保存ができますから、お好みで利用してみてください。小さめに作って焼いたものを冷凍しておけば、お弁当などに入れることもできて便利です。最近では作り置きの料理を冷凍保存しやすいよう、家庭用の真空パックアイテムも多数販売されています。こういったものを利用すればより鮮度を保って保存が行えますから、ぜひ利用してみてください。煮物などの汁気の多いものでもこういった専用のアイテムを使うと簡単に冷凍保存、作り置きとしてストックしておくことが可能です。冷蔵の場合、長期保存というのは長くても一週間程度ですから、手間がかかるようなものはアイテムを駆使して冷凍保存を行った方が便利です。冷凍保存の作り置きは、料理が面倒という時にこそ活躍してくれます。