まずは簡単レシピから

公開日時 作成者 managewpadmin

最初のうちはスタンダードな作り置きレシピを
食卓で大活躍してくれる作り置きですが、これは保存の期間や保存期間中による味の変化などを把握するためにある程度の経験が求められます。レシピによっては作り置きに向かない、保存の仕方に工夫がいるため、結局食べられなかったり片付けに苦労をしたりすることがあります。そのため、作り置きにチャレンジをする場合には必ずスタンダードなレシピからチャレンジをするようにしてください。いきなり鶏肉の煮込みなどの料理にチャレンジをしてしまうと、味付けや保存に関する知識が足りないがために、それをそのまま台無しにしてしまう恐れがあります。少しずつレシピのレベルを上げ、パターンを増やしていくことで、何が良くて何がダメなのかということが解かってきます。またネット等を利用して情報収集を行うと、やってはいけない例などを予め把握することができますので、こういったものも上手に参考にしていってください。

最初はやっぱり漬物から
作り置きレシピの中でも最もスタンダードなのはやはり漬物です。漬物は昔からの伝統的な作り置き食品ですから、初めての人はまずこれからチャレンジしていきましょう。漬物ではおもしろみがないと思う人もいるかもしれませんが、これは汁気や塩分の具合でどれだけ保存期間が変わってくるかを見極めるために非常にためになるレシピです。漬物を上手に作り置きできなければその他のレシピを上手くいかせることはまず無理といえますから、これは必ず通っておくべき道とも言えるのです。きゅうりの浅漬けから始まり、段階を経てマリネなどにチャレンジ、その後汁気の少ない煮物など徐々にレベルを上げていくことで失敗しない作り置きの技を習得していくことができるようになります。作り置きにおいては味付けと汁気と保存の仕方の難しさが必ずついてまわりますので、経験を積んでしっかり加減を身に着けられるよう努めてください。